電話番号03-5467-3496

東京都渋谷区東3-14-15 MOビル3F

審美歯科 渋谷区 恵比寿 歯科 歯医者 インプラント【小澤歯科医院】 ホワイトニング マウスガード

インプラント

各種クレジットカード取扱

インプラント治療手順

インプラントの構造はインプラント体、アバットメント、上部構造(かぶせ物)の3つのパーツから成り立っております。

インプラント体が骨と静着した後、アバットメント(かぶせ物をかぶせる土台)を装着します。アバットメントには主にチタンを用いますが、審美性を重視する場所にはジルコニアを用います。

上部構造(かぶせ物)は天然の歯にかぶせる物と同じですが、インプラントは天然歯より強く咬める為、強度が必要です。しかしながらあまり固すぎると咬み合う相手の歯が悪くなってしまうので理想は天然歯と同様の固さです。近年ではジルコニアにセラミックをコーティングしたもの、金合金にハイブリッド・セラミックをコーティングしたものが主に使われます。

埋め込み手術

埋め込み手術は2回法と他に1回で終わる方法があります。

1.インプラントを骨の中に埋め込みます

2.歯肉に覆われたインプラントの頭出しをして歯肉を貫通させます。
(1回法はこのステップがありません)

3.支台(アバットメント)の上に人工歯を装着して完成です。

各手術の間には一定の時間をおく必要がありますので、全体に要する期間は6週間~6カ月が目安です。(短期間で終わる方法もあります)その後初年度は2~3カ月に1度、次の年からは4~6カ月に1度、定期的に診察を受けていただきチェックをしていきます。

PageTopへ戻る